どこに行っても治らない症状に挑戦し続ける パンダ接骨鍼灸院〜どこに行っても治らない症状に挑戦し続ける〜

082-847-3330

施術メニュー

腰の症状メニュー

その他の症状

交通事故のメニュー

求人情報
求人情報

  

専用チャンネル

新着情報

パーソナルストレッチ

sutore.jpg


スポーツや医療の分野においてストレッチとは、からだのある筋肉を良好な状態にする目的でその筋肉や関節を伸ばすことをいいます。伸ばすことで筋肉の柔軟性を高め関節の可動域を高め、ケガをしにくい状態にします。その他にも様々なメリットをもたらします。

関節を柔軟にすることで血液循環をよくして、疲労回復

使った筋肉は伸ばすことによって、血液循環がよくなります。酸素や栄養を運ぶ血液が筋肉の隅々にいきわたる事で疲労物質は取り除かれ、筋肉の再生が促されるためです。筋肉は収縮運動を繰り返さなくても部分的に固くなってしまいます。これがいわゆるコリ感。デスクワークなどで同じ姿勢をとっていた後や、エクササイズやスポーツジムなどで動いた後に筋肉をほぐしていくことで、コリや筋肉のバランスの悪化を予防できます。ということは、ストレッチは日常生活で疲労を蓄積しない体を作るには欠かせません。

またストレッチを行うことで、筋肉及び関節の柔軟性の改善を行います。柔軟性が低下すると、筋肉が硬く伸張性が乏しくなり、骨への付着部分や腱の炎症がおこりやすくなり、腰痛や肩こり、関節の痛みなどの問題を引き起こします。ストレッチにより関節の可動域を広げ、柔軟性を高めることは運動能力の向上だけでなく、健康的な日常生活を送る上で大切なことなのです。

筋肉の緊張を和らげてケガの予防

準備運動をせずにスポーツを行うと捻挫や肉離れを引き起こします。一定動作の繰り返しによって起きる慢性的な痛み。これらの予防と、特に多い筋肉が原因の腰痛症では、ストレッチが効果的です。通常、筋肉は収縮と弛緩を繰り返しながら歩いたり、走ったり体を動かします。同じ動作を特定部位に負荷をかけると、その部位の筋肉は、硬くなり弾力性を失ってしまいます。硬くなった筋肉は、血管を圧迫し、老廃物が溜まりやすく、筋肉疲労が取れにくくなります。特に腰背部の筋肉は、疲れが溜まりやすく、腹筋が衰えている場合は、重だるい状態が長引くこともあります。

運動前のウォームアップとしてのストレッチは、関節の可動域を広げ、筋肉に刺激を与え体を動かしやすくします。また運動後のクールダウンとしてのストレッチは疲労を和らげ硬くなった筋肉をほぐし、弾性を与え、血液循環を促すことで、疲労回復を促進させる効果があります。ストレッチを上手に取り入れて、疲れを残さないようにすることが大切です。

ストレッチを行う際の注意点

無理をしない。無理に筋肉を伸ばそうとすると筋肉や腱を痛める恐れがあります。他人と比較しがちですが、柔軟性には個人差があり、男女差もあります。現在の状態を把握した上で自分のからだに合ったことを続けることが重要です。

ケガや炎症症状がある場合は避ける。急に痛めた場合はしないように気を付けて下さい。ぎっくり腰や寝違えなどの場合は、炎症をおこしている可能性が高いため、ストレッチを行うことで症状を悪化させてしまうことがあります。こういった場合は、ストレッチではなく患部を冷やして安静にしましょう。

ゆっくりと。ストレッチを行う時は呼吸を止めずゆっくりと行いましょう。一生懸命、伸ばそうと呼吸を止めたり長く遠く伸ばそうと思ってもかえって逆効果です。呼吸を止めると筋肉が緊張するからです。ゆっくりとリラックスした状態で深呼吸をするようなリズムで行いましょう。