メニュー
  1. ホーム
  2. こんな症状がある方
  3. 五十肩

こんな症状がある方

その他の症状

背中の痛み

肩こり

五十肩

寝違え

産後の悩み

逆子

猫背

頭痛

顎関節症

膝の痛み

O脚

ケガ

リハビリ

シビレ

腱鞘炎

交通事故

尿もれ

自律神経


求人情報
求人情報

新着情報

五十肩

20171219163608.jpg


中高年の人が悩まされる肩の痛み、いわゆる「五十肩」は、50歳代を中心とした中年以降に、肩関節周囲組織の退行性変化を基盤として明らかな原因なく発症し、肩関節の痛みと運動障害を認める疾患群と定義されています。好発年齢は40~60歳代です。肩関節は構造的に不安定なところがあり、そのため、肩の使い過ぎによって炎症や損傷が起こりやすく、痛み、可動域の制限が起こると考えられます。

五十肩の病期は症状の推移から三期に分けられ、一般に発症から約2週間の急性期、その後約6ヵ月間の慢性期を経て回復期に至ります。

急性期には運動制限を引き起こす運動時痛に加えて安静時痛や夜間痛(寝ている時に痛みで目が覚める、何もしていなくても痛い。但し、寝返りなどで痛いのは運動時痛であり、夜間痛ではない。)が出現し、徐々に関節拘縮が現れて肩の可動域が制限されます。慢性期には徐々に痛みが軽減し日常生活でも痛い肩をかばう必要がなくなりますが、可動域制限は残存します。回復期には可動域制限がまだ残るものの、痛みが少ないために大きな機能障害の自覚はなくなり徐々に可動域が自然回復します。これらの回復経過に1年前後を要します。安静と患者さんの自然治癒力に任せるだけでなく、積極的に痛みと可動域制限を改善する治療が必要です。

急性期の痛みの強い時期には荷物や肩を上げる動作で肩に負担をかけないようにし、比較的安静を保たせ、痛みが落ち着いてきたら痛みのない範囲で動かすようにします。慢性期や回復期では痛みの状態を確認しながら、関節の拘縮を改善する運動療法を指導して積極的に肩を動かすようにしてもらいます。

パンダ接骨鍼灸院では、症状の期間や痛みの程度により治療内容が変わりますが、急性期には痛みを緩和する為に、鍼灸治療、特殊電気(超音波)治療を行います。慢性期では、肩の動きを良くする為に、ストレッチ治療や鍼灸治療、滑車運動などを行います。

また、背骨の歪みを整える事も重要なので、矯正治療もタイミングをみて治療プランにいれます。

五十肩は通常、片側にだけ発生し、回復後に同側に再発することはほとんどないため、強い肩の痛みを繰り返して訴える場合は、他の疾患との鑑別が必要となります。腱板断裂、石灰性腱炎、変形性肩関節症、絞扼性神経障害、頸椎疾患、神経原性筋萎縮症、腫瘍性疾患、内臓からの関連痛などがあります。

特に、痛みが長引くときは腱板断裂を疑う。五十肩と腱板断裂では痛みの現れ方が違うことがあります。五十肩では腕を上げる途中に痛みがなく「これ以上は上がらない」という動きの最後の時点で痛みが起こることが多く、腱板断裂では腕を上げる途中に痛みが起こることが多い。腱板断裂を放置しておくと腱板や周囲の筋肉がやせたり断裂が広がったりして日常生活機能を冒しかねず、早期発見が重要です。

しっかり患者さんの訴えを聴き、理学検査をし、経過観察をして鑑別をします。その中ですぐに整形外科や他の病院に行った方が良い場合は、紹介状を書きますので安心して受診してください。

患者さんの声

五十肩に関する全ての患者さんの声をみる
top
お問い合わせ ここを押すと電話