車の荷台から荷物を右手で引き寄せた時に発症した腰痛

2020/07/25 ぎっくり腰
logo

こんにちは、パンダ接骨鍼灸院『可部院』の橋本です。

今回は、車の荷台から荷物を右手で引き寄せた時に発症した腰痛についてお話しします。

 

基本情報
性別:男性
年齢:30代
身長:170㎝
体重:65kg


現病歴
なし

主訴
左腰部の痛み

トラックの荷台から荷物(30kg程度)を右手で勢いをつけて引き寄せた際に左の腰部に痛みが走った。

その後、痛みが強く動けなくなり翌日来院されました。

ADL(日常生活動作)では、何をしても痛みが出ている状態で、逃避性跛行をしていました。



徒手検査の結果から「筋筋膜性腰痛」を疑いハイボルトにて痛いの原因がどこか検査しました。

検査の結果から腸腰筋、中殿筋、広背筋に原因があると判明しました。

 

以上の結果より考察すると。



骨盤周りの筋肉が使えていない。

右手の力で荷物を移動させようとした。

それでも荷物が動かなかったので、反動をつけた。

左側の広背筋にストレスが加わり受傷。

 

 

という考察になりました。

そこで、痛めている広背筋が早く治るように超音波の施術と

 

上手く使えていない骨盤周りに筋肉を活性化する事で

 

痛みのスケールが9⇨2になりました。

 

次の日も来院してもらうと

痛みのスケールが1になっていたので、無事に卒業になりました。

 

 

同じような症状でお困りの方は、パンダ接骨鍼灸院へ

 

 

パンダ接骨鍼灸院 緑井

広島県広島市安佐南区緑井3-2-3-102

082-876-3330

 

パンダ接骨鍼灸院 可部

広島県広島市安佐北区可部7-1-29

082-847-6667