酵素を大量に消費するNGフードについて

2021/08/02 ブログ

こんにちは。

前回酵素の浪費を避けるために積極的に摂りたいOKフードについてお話させて頂きました。

今回は酵素を大量に消費してしまうNGフードについてお話したいと思います。

NGフードには

・白砂糖

・食品添加物

・肉(動物性たんぱく質)

・白米や白いパン、うどん(高GI食品)

・過酸化脂質、トランス脂肪酸

・生の植物の種などがあります。

 

・白砂糖

白砂糖の成分(ショ糖)はブドウ糖と果糖がくっついて出来ています。単体ならば質の良い栄養素ですが結合している場合は吸収分解するのにたくさんの酵素を消耗してしまうためできるだけ控えましょう。甘味にはアガベシロップやはちみつ、メープルシロップを使うようにしましょう。

 

・食品添加物

食品添加物は酵素の働きを妨げ浪費させるため、できるだけ摂らないようにしましょう。現状日本人の食品添加物摂取量は年間数キロ単位にもなるそうです。スーパーやコンビニなどでお買い物をする場合は食品の裏ラベルをチェックしなるべく無添加のものを選ぶようにしましょう。

 

・肉(動物性たんぱく質)

肉などの動物性たんぱく質を摂りすぎると消化不良の原因になり酵素をたくさん消費してしまいます。ただ肉には体に良い栄養素も含まれていますので摂りすぎには気を付けましょう。できれば肉の代わりに大豆でできた食品を摂ることがベストです。

これらは酵素を大量に消費するのでなるべく気をつけるようにしてみてください。今日はこの辺で。次回また続きをお話ししたいと思います。