アミノ酸と食事について

2020/12/08 ブログ
アミノ酸
こんにちは!
今回はアミノ酸の効果とアミノ酸はどの食事から摂取すれば良いのかについてお話ししたいと思います。

アミノ酸の効果
・ダイエット効果・・ダイエットの基本の1つとして体脂肪の蓄積を防ぐことが挙げられています。
そのためにも体脂肪をなるべく燃焼することが大切です。
アミノ酸の中でも特にダイエットに役立つアルギニン、プロリン、リジン、アラニンの4つは体脂肪を燃焼し体にたまった余分な水分を体外に排出する働きがあります。

・免疫力アップ・・人間の体を構成するアミノ酸は免疫細胞の産生を高めその働きを強化することで免疫力を高め病気にかかりにくい体づくりに役立ちます。
特にグルタミン、アルギニン、ヒスチジンの3つのアミノ酸は崩れがちな免疫システムを正常に修復する働きがあります。

・健脳効果・・アミノ酸は体だけでなく脳や精神状態にも影響を与えることが明らかになっています。
健脳効果のあるアミノ酸はイソロイシン、チロシン、アルギニン、フェニルアラニン、グルタミン酸などです。

・スキンケア効果・・スキンケアに役立つとされるアスパラギン、チロシン、セリンの3つのアミノ酸は自ら肌の材料となると同時に細胞分裂に必要な酵素の材料になることで新鮮な細胞づくりに役立ち新陳代謝を促し肌の老化を防いでくれます。

・スタミナアップ効果・・アミノ酸は体内でエネルギー源として利用されています。
また運動で体を酷使することによって、筋肉、腱、靭帯、骨などに障害が起こることがあります。
バリン、ロイシン、イソロイシンの3つの分枝鎖アミノ酸(BCAA)は、その一部が筋肉内に蓄えられて激しい運動をした時のエネルギー源となります。
さらにアルギニンは強靭な筋肉をつくるために必要な成長ホルモンの分泌を促します。

 

・ダイエット効果のあるアミノ酸を多く含む食品:小麦胚芽、干しのり、カシューナッツ、ごま、ブリ、フグ、油揚げなど

・免疫力を高めるアミノ酸を多く含む食品:クルミ、ヒマワリの種、アズキ、シラス干し、カツオ節、干し湯葉、凍り豆腐など

・健脳効果のあるアミノ酸を多く含む食品:小麦胚芽、粉末状大豆タンパク、えんどう豆、サケ、サバ、ヒラメなど

・スキンケア効果のあるアミノ酸を多く含む食品:落花生、ピスタチオ、マグロ、車エビ、牛や豚のレバー、牛乳など

・スタミナアップ効果のあるアミノ酸を多く含む食品:大豆、そら豆、鶏肉、豚肉、牛肉、卵黄、タイ、カツオ、シシャモなど

今回はアミノ酸の効果とアミノ酸を多く含む食品についてのお話しでした。

最後までお読み下さりありがとうございます。