インナーとアウター、筋肉の種類と違いについて

2020/10/06 ブログ
筋肉
こんにちは!
以前、アウターマッスルとインナーマッスルについてお話しさせて頂きました。
今回は、アウターマッスルとインナーマッスルの違いについてお話しさせて頂きます。

人間の身体の中にある筋肉の種類は、約650種類ほどあるといわれています。
インナーマッスルの種類は、その9割を占めていて、とにかく豊富な種類がある筋肉とされています。
ただし、アウターマッスルは、大きい筋肉のため、筋肉量で比較すると、インナーマッスルとアウターマッスルにそれほど大きな差がない場合が多いです。

アウターマッスル
種類・・約50種類
場所・・表層にあります。
力・・強くて瞬発力があり速筋です。
筋力・・付きやすいが落ちやすい筋肉で鍛えると肥大します。
働き・・関節や体を動かします。また、糖質を燃焼してくれます。
自分の意思で動かせるので鍛えやすい筋肉です。


インナーマッスル
種類・・約600種類
場所・・深層にあります。
力・・弱いが持久力があり遅筋です。
筋力・・付きにくいが落ちにくく鍛えることで体を引き締めることが出来ます。
働き・・アウターの補助や姿勢・関節・内蔵などを支えてくれます。また、脂肪を燃焼してくれます。
自分の意思では動かせないので鍛えにくい筋肉です。

今回はアウターマッスルとインナーマッスルの違いについてのお話しでした。