生活習慣と自律神経の関係

2020/09/15 ブログ
自律神経
今日は、自律神経が乱れるとどうなるのか。
自律神経を整えるには、どうすれば良いのか、ということをお話ししていきたいと思います。

まず、自律神経が乱れると、、、
不安や緊張感が高まり、吐き気や多汗、全身のだるさ、頭痛や肩こり、手足のしびれやめまい、不眠などさまざまな症状が見られます。
これらの症状は、人によって大きく異なります。
また、自律神経が乱れると、臓器にも悪影響を及ぼします。
胃酸が過剰に分泌され、胃の痛みや胸やけを感じる。
神経性胃炎や、腸の蠕動運動に異常が生じて、腹痛を伴う下痢や、便秘が起こる過敏性腸症候群がこれに当たります。
また、突然浅く速い呼吸を繰り返す、過呼吸症候群になると、息苦しさなども現れる場合があります。

そこで、自律神経を整えるには、、、
・心身をリラックスさせる
音楽を聴いたり、お風呂に浸かるなどして、心身共にリラックスさせるようにしましょう。

・ライフスタイルを見直す
私たちの生活は、食事、睡眠、休養、労働、運動。
この5つの要素で構成されており、これらが毎日規則正しく行われていれば、生体リズムの調子が整うと言われています。
忙しくてもできるだけ一定の時間に食事を取り、睡眠時間をたっぷり確保するよう心掛けましょう。

・適度な運動をする
スポーツは、運動不足の解消はもちろん、汗を流すことで、気分がすっきりします。
倦怠感がなくなり、精神的な充実感も得られます。
また、定期的に運動を行うことで、生活のリズムも作れます。
ウォーキングなど、無理のない範囲で始めて、運動習慣を身につけましょう。

自律神経が乱れると、身体にも良くないので、自律神経の乱れを感じる方は、是非試して見てください。

 

それでは、今日はこのあたりで!

次回をお楽しみにして下さい。