筋肉の色々な役割

2020/07/07 ブログ
体幹図
こんにちは!
インナーマッスルを鍛えることは重要だと言う事を耳にしたことはありませんか?

今回はインナーマッスルの必要性についてお話ししていきたいと思います。
実際にインナーマッスルは、私たちの身体の深部にありより骨に近い部分に付着している筋肉のことを指します。
大胸筋や腹筋などのように目で見てわかる部分ではありません。
これらは関節を正しい位置に保ってくれます。
そのため、インナーマッスルを鍛える事の必要性は大変高いのです。

では、なぜインナーマッスルを鍛える事の必要性は高いのかについて詳しくお話ししていきたいと思います。


・姿勢維持に役立つ事が出来る
インナーマッスルを鍛えることで、姿勢を良くするに役立つ。
特に、体幹部のインナーマッスルや脚にある内転筋を鍛えることが大切です。
また、インナーマッスルを鍛える事によって、関節周辺の動作をスムーズにすることができます。
そのため止まっている時の姿勢だけでなく歩いている時も背筋が伸びたスタイルの良い姿勢を保つことが出来るでしょう。

・身体のバランスを整える事が出来る
インナーマッスルを鍛える事は、身体のバランスを整える効果も生み出します。インナーマッスルを鍛える事で、骨のアライメント(位置関係)を整え骨や関節の位置を矯正することでバランスの良い身体にすることができるのです。

・基礎代謝を上げダイエットに効果的
インナーマッスルを鍛えることで、アウターマッスルの筋肥大につながるため、単純に基礎代謝量の増加をもたらします。
また、インナーマッスルが強化されると内臓を正しい位置に収めて内臓の働きを活発にする作用も期待できます。
内臓は骨格筋の約2倍の、基礎代謝量があるためダイエットにも効果的なのです。

・血流を改善し冷え性対策が出来る
インナーマッスルを鍛える事は冷え性対策にもなります。
インナーマッスルを鍛えることは、身体の深層部を流れる血流を良くする効果が期待出来るためです。
特に太い血管の血流がスムーズになると身体の細部まで血液が運ばれやすくなります。
その結果手足の冷えを軽減する効果が期待できます。
また、血流改善は代謝アップや老廃物の排出、筋力トレーニング時の筋肥大効果アップや疲労軽減なども期待出来ます。

インナーマッスルを鍛える事でこれらの効果が期待出来るのでインナーマッスルを鍛える事はとても重要なのです。

 

今回は以上になります。

最後まで、お読み下さりありがとうございます。