広島腰痛・肩こり・骨盤矯正など
どこに行っても治らない症状に挑戦し続ける

パンダ接骨鍼灸院〜どこに行っても治らない症状に挑戦し続ける〜

082-881-1666
  • 緑井で
    口コミNo.1!
  • 可部で
    口コミNo.1!
  • 江津市嘉久志町で
    口コミNo.1!
メニュー
  1. ホーム
  2. こんな症状がある方
  3. 腱鞘炎
こんな症状がある方

慢性腰痛

ぎっくり腰(急性腰痛)

背中の痛み

肩こり

五十肩

寝違え

産後の悩み

逆子

猫背

頭痛

顎関節症

膝の痛み

O脚

ケガ

運動指導

リハビリ

シビレ

腱鞘炎

交通事故

尿もれ

新着情報

腱鞘炎とは

20171219171532.jpg

腱鞘炎とは、正確に狭窄性腱鞘炎と言います。腱鞘とは、筋肉や関節を動かす腱の動きを滑らかにするためにトンネルのような形をして腱を包み保護しています。中には、滑液という潤滑液が入っていて腱の動きを滑らかにしています。

その腱鞘という腱を保護するトンネルが腫れることにより、その中を通っている腱が滑らかに腱鞘を行き来することが出来なくなる状態が起こります。

腱鞘炎が起こる原因は、頻繁に持続的な繰り返し動作をすることで、腱と腱鞘の間が摩擦に似た状態に陥り、さらに滑液不足などで滑りが悪くなることで炎症を起こしてしまうからです。

腱鞘炎の治療で大事なことは、腱の炎症部分を癒し安静に保つことと、さらにその腱がつく筋肉の疲労に目を向ける必要があります。腱の炎症が取れたとしても、疲労し硬くなり柔軟性が失われた筋肉があると、元の状態に戻りやすくなります。その疲労を取り除くことで、筋肉本来の柔らかさを取り戻し腱への負担を軽くしていきます。長い時間をかけて硬くなった筋肉は簡単には柔らかくなりませんが根気よく治療を続けることでより良い状態にもっていくことが出来ます。

初期症状として、患部の慢性的なだるさと痛みがありますが症状を軽くみて放置状態を続けてしまう人が多いようです。
腱鞘炎を繰り返すことによって、手や指の機能自体が衰えてしまったり、考えもしなかった後遺症を招く可能性もあります。

パンダ接骨鍼灸院では、痛みを緩和する為に、鍼灸治療、特殊電気(超音波)治療、手技治療等を行います。

なるべく早い時期に正し、適切な処置と対策で痛みをケアすることが重要です。

top
お問い合わせ ここを押すと電話
082-881-1666